ラフの打ち方。

golf_365_150920.jpg

 コースでボールがラフに入ると当然ボールは深い芝生の中にある。フェアウエイのようにライが良く、ボール全体が見ている状態ではスイングイメージを遮るモノがないのでショットのイメージが明確になるのですが、芝生にボールが隠れるとイメージを深い芝生が遮断する壁になるのです。バックスイングをちょっとアップにし鋭角に入れたり、ヘッドの抜けを良くするためにカット気味にヘッドを入れようなどと小手先のテクニックが発動する。普通のライよりも余計に力むことでスイングプレーンが乱れヘッドコントロールが乱れボールへのヒット率が下がるのです。結果、極端なトップやシャンクになり次のラフへという展開。しかし、丸山茂樹さんのテクニック本を読んだ時、ラフショットの対策についてこう書いてありました。「普段のスイングよりも大きくゆったり振ること」と。木の枝や大きな草の根がヘッドの入る位置を邪魔しているなら特殊な打ち方(いつもよりボールを右に起き、鋭角に入れる。)が必要ですが、ヘッドがラフに入った時グリップが緩まない程度の握力だけ注意すれば、あとはゆったりと大きくスイングするれば、ヘッドとボールの間に芝がかみ、スピンがなくなる分、ボールは飛ぶ。つまり、フライヤーを想定すればボールのキャリーはある程度、想定できるのです。

 まぁ、実際はこんな知識をいちいちその場で想い出して再確認するのではなく、普通にスタンスを決めてちょっと短めのクラブを選択して、インパクトでのグリップの緩みだけ注意してドカンと打つだけが正解なのです。千変万化なコースはゴルフの醍醐味です。