イラレとフォトショップ。

 デザインの仕事を展開する上で、アドビのイラストレーターとフォトショップの2大ソフトウエアはマストツールです。デザイン系の大学や専門学校でもこの2大ソフトは必須科目だし、当然、現場に出ればこのソフトウエアの知識やテクニックは実践に非常に有効です。一般的にもデザイン制作会社以外でも広くこのソフトは浸透し、活用されているだけにこの2つのソフトを習得することはデザイナー(つくり手)として避けて通れない王道です。一方、オフィス系のソフト(ワードやパワーポイントなど)をグラフィックデザインに活用しているケースも最近は多いようですが、私はオフィス系で何かデザインを制作した経験も知識もない。デザイン感覚で取り組めばツールなのだから、できないことはないだろうが、オフィス系は完全に見切っています。

 では、イラレとフォトショップで具体的に現場ではどんな作業をしているのか?この質問はよく仕事仲間やクライアントさんからされますが、ひとことで語ることは難しい。決してテクニックや知識を出し惜しみをしているわけではなのですが、世界中のデザイン制作現場に完全に定着しているこの2大ソフトの膨大な機能や活用術を短時間でまとめることはできないのです。また、芸術系の大学や専門学校でどのようなチュートリアルに取り組んでいるかも不明なので独自独学の知識と一般常識レベルのソフトの基礎から応用を比較することもできないのが実情(正直なところ)です。

 しかし、デザイン制作現場でイラレとフォトショップを活用している、の「活用」の部分を事細かに分析していくと根本の原理はポストスクリプトとピクセルの制御となる。ベクトルデータとビットマップデータの原理・特性を理解することと、さらに、デザイン全般の思考や概念を経験値から総括し応用に繋げるには、相当多くの多様な予備知識とコンデションを維持しなければならない。

 デザインの現場で私自身はイラレとフォトショップ以外に多くのソフトウエアを活用しているが、どこまで便利な機能が増えたとしても、それは機能が増えたに過ぎない。どの機能をどの成果に対してチョイスして実際にオブジェクトを加工・編集・チューニングするかは、完全につくり手のテクニックに依存する。イラストレーション(絵)を描くプロとはテクニックや経験値もさることながら、本質的に絵を描く人であり、デザイン、特にグラフィックデザインは視覚的な表現手法を生み出すことに精通している、つまり、そもそもが「そいう人」なのです。努力や修練で培えるテクニックもあるが、そもそもという部分との関係性が仕事現場での伸びしろ・成果に大きく作用するように思います。

 というのも、文章を生み出し、それを生業とする「物書き」「執筆家」「小説家」なども同様に、ただ、文章に親しんでいるだけ、つまり、単なるリーダーでは文章のつくり手にはなりえないのです。文章表現は知識とアイディアなど気心があれば誰でも書けでしょうが、根本的にアマとプロの違いは、技術や知識や理論などが生まれた素養・素質の部分に大きく関係しているのだと最近、強く感じています。

 イラレとフォトショップ、つくり手を選ぶほど、偉大で鉄板な秀逸なデザインツールなんですね。最新のCCのテキスト本なども書店でよくチラミするが、そのあたりの微妙な部分の記載はないから、これからこの2大ソフトに対峙しようとする人達はそれ相当の覚悟が必要だし、手に馴染めばこれほど有効な表現手段はないということになります。文章なら鉛筆1本あればいいが、デザイン制作において、もはや、2大ソフトは不可欠な存在なのです。機会が得られ要望があれば、この2大ソフトに対する自身の取り組みやノウハウをお伝えしたいとは思っているが、なかなか、日々の仕事に忙殺されてその余裕が生まれないのが現実です。しかし、ご要望があれば何でもお答えする所存です。