図で伝えるデザイン。

books151119.jpg

 ひさびさにデザインの本を買った。改めて「図で伝える」というテイストの今を確認したいと思っています。必ずしも「デザイン=図」ではない部分があり、そこの部分との関係性がデザインの機能であり利点。つまり、「イメージと言葉」の関係性をつくり手がどこまでバランス良く解釈・理解・習得しているかが「デザイン力」になるわけです。まぁ、とりたててブログに書くようなことではないが、意外とこの部分が曖昧なまま「イメージ先行」や「言葉(理論)優先」になっているケースがあるので、このような完成度の高い一冊が手元にあると、都度、迷った時、探求したい時、モノゴトを掘り下げたい時にとても有効な基準になるものです。そういう捉え方でチョイスした本です。