「かくれ里」白洲正子

books15112401.jpg

 「マサコシラス」は今までスルーしてきました。興味はあり、いつか何かのタイミングで出会うことになるだろう、いつかこうして書籍を手にする時が来るだろうという対象でした。しかし、そのタイミングがたまたまなかっただけでした。ようやくそのタイミングが訪れたので、まずは「かくれ里」に入っていこうと思っています。当然、意図的に「マサコシラス」についてリサーチはゼロ。イマドキ、情報などどうでもなる時代なのに、リサーチしないほど、興味があったという「天邪鬼方程式」を崩したということになります。

 ちなみに、最近、もうひとつ「天邪鬼方程式」が崩れたモノがあります。それは、「iPhone-6」。楽しみです。こういう気持ちなれた時は、いつも何かが動く時なので。