クリッカー

clicccar_gazo001.jpg

 このツールの名前は「クリッカー」。犬の調教用ツールです。

 オレンジ色のボタンを押すとアナログな「ペコペコ」というブリキの音がします。この周波数が動物の神経を刺激し注意を促すそうです。調教の際に犬を調教師に集中させる作用・効果があるそうです。これを知ったのは「ジュラシック・ワルード」でラプトルを調教するシーン。これを使っているのを見て欲しくなったので、ネットでリサーチして入手しました。

 確かに「ペコン!」という金属音の周波数が注意を促す感覚が実感できます。

 しかし、うちのおじいちゃん(愛犬)をいまさらどう調教したいというわけではなく、なんとなく、いつも手元にもっていたいなと思っただけです。

 身近にラプトルがいるわけでもないし、調教で生計をたてているわけでもないので、一番身近な奴と言えば、自分自身ぐらいです。この金属音が聴覚に与える刺激が、緊張感が緩んだ時とか、誰かへ何かを伝えたい状況で、ペコン!と鳴らしたいなぁ、という程度。

 例えば、ブラックバスバスの本能の中にも猛禽類のDNAがあり、釣りの最中、ペコン!と鳴らせば、バイブレーションのラトルの効果があるかもしれない、などという妄想も膨らませています。また、山でクマに遭遇した時なども、この金属音で興奮を沈下させられるかもしれない。空のペットボトルを手で潰した時のペコペコ音もクマは嫌うらしいので。そんな想定外の緊急事態にこのクリッカーが役立つかもしれない、などと考えています。まぁ、そんなケースないでしょうが。