習作。

works_160415.jpg

 これは習作です。ツールはGペンなのですが、インクは最近初めって買ったマンガ描写用の黒インクです。耐水性でとてもなめらか。この用紙は普通の画用紙なので少しタッチが出てしまいますが、正確にGペンの抑揚を効果として出すには、やはり、専用の表面が滑らかで腰のある用紙が適正だと思います。

 この習作は2Bの鉛筆でアウトラインを描いてから、直接、Gペンで描写している手順ですから、描き込みとしては習作レベルです。さらに、完成度を上げるためには、一筋のラインでフォルムを描ききらなければ「潔さ」は出せません。こればかりはいくら高めの完成度を想定していても、手の動きにかなり依存しますので、このような習作を描き、リハビリを繰り返して手の感覚を上げていかなければなりません。

 美しいペンのタッチは手でしか生み出せない秀逸な世界です。頭で考えてペンの筆圧を抑制している段階では、絶対に生きたラインは出せません。デッサンやデフォルメの加減もまだまだぎこちないので、繰り返し描き続けて頭の中のイメージと手をしっかり連動させたいと思っています。

 こうしてある程度、作品として描き切ると、その実感が得られます。つまり、だから、習作なのです。

 自分自身の絵への期待値をなかなか紙面に再現することは難しい、ある意味、偶然の産物であったりしますので、できる限り良いコンディションづくりを整えていき、それを維持させることが大切です。