ヘビースプリット。

heavy_sprits_0001.jpg

 これは釣り道具です。鉛の玉に切れ目が入っていてラインをはさみ、プライヤーで潰しラインに固定します。「カミツブシ」と呼ばれている釣り道具です。

 私がブラックバスを釣る時は「ライトリグ」と呼ばれる、比較的軽めのソフトワームをフックにつけて釣ります。ライトに対してヘビーリグとは、比較的重く大きなハードルアーを指すのですが、私はそのゾーンはあまり過去にいい釣果がなかったので、結果、「ライトリグ」に定着しているのです。しかし、これから夏場になると、水面にはヒシモが茂り、水中も水草が繁殖します。ライトリグではこれらのストラクチャーの肝心なゾーンにルアーを入れにくくなり、上級者の傾向として重いヘビーリグでこれらのストラクチャーを攻めて、中に潜むバスをひねり出します。私はライトリグなので、ストラクチャーが切れる際にルアーを丁寧に落としたり、日陰になっている部分に丁寧にルアーを入れていかねばなりません。ストラクチャーにはビックフィッシュが潜む確率が高く、尚且つ、モノ影に潜む魚は臨戦体制だからです。それに、風や雨にもライトリグは弱いので、これからの夏の季節は少しいつも使っているウエイトをライトからヘビーにして、グッドサイズのブラックバスをモノ影から引きずり出したいと思っています。これがそのためのヘビースプリット用のシンカーなのです。