GO-PRO用ヘッドバンド。

works_160720.jpg

 GO-PROというマッチ箱サイズの高性能カメラがある。

 このバンドは頭部、額のあたりにそのカメラを固定するためのギアである。これにカメラを搭載して何を撮影するのか?登山かゴルフかボルダリングか、まぁ、いろいろ想定できるが、まずは手頃なところでバス釣りだろう。動画撮影も可能なカメラなのでバッテリーの続く限り釣り場で頭につけて撮影しようと思っています。釣りの映像を撮影して、それが楽しい映像なのかどうかは分からない。バス釣りに興味のない人が延々と水面の映像を見て楽しいと感じるはずもないがのだが、延々と水面を見ている釣り人には確固たる理由があり、例えその時間が5時間で、ルアーで魚を釣り上げる時間が1分だったとしても、釣り人というのはその1分さえあればいいのである。恐らくこの気持ちを共有できるのは釣り人同士だけだから、さらに面白い。これは理解するしないの問題ではなく、釣り人同士なら確実に容易に共有できる感覚なのだ。その感覚・実感を持ち得ない人にどんな言葉で説明しようが、どんな刺激的な写真や動画をたくさん見せようが意味がなく効果は期待できない。しかし、それは単にバス釣りだけのお話ではない。良い仕事を共有したければ、共に延々と同じ水面を見る必要があるのです。

 いい絵(映像)が撮影できたら、釣れた釣れないは別として、その絵をブログにアップしようと思っています。