必需品。

my_tools_160709.jpg

 とにかく、物忘れが激しい。考えていること、必要な物の置き場所、マストなこと、とにかく、忘れる。作業行程もしかり、連絡事項もしかり。老化だから仕方ないと開き直るには不利なケースが多い。

 さて、どうしたものか。とにかく、一番目につく場所にそれを置き、必要事項はメモすること。これしかない。恐らく、パソコンやデジタルデバイスが便利過ぎて、データを確認したら致命的な問題にはならないだろうと安穏とし、重要度や優先順位をも軽視してしまっている傾向である。

 だから、行動パターンの中でも、一番、目に付く場所に整然と並べておくこと。引き出しに仕舞いこんだり、ファイルや封筒に入れた段階で忘れると想定しておく。ポケットに入れたことさえ忘れるのだらか、もう、目につく場所に並べておくしか仕方ない。

 レクターが言っていた。最初の欲動は強い、しかも、それは毎日目に映っている情景の中にあると。トマス・ハリス恐るべし。