トップガイド

daiwa_new_zillion_bassrod.jpg

 最近、バスロッドをショップで物色しているのですが、とにかくトップガイドが小さい。これは、バスのバイトに対する感度を上げるためという開発理由で進化しているらしい。確かに一見、ガイドを小さくすることでラインから伝わってくるバスのバイトの感度が高まるように思える。どのメーカーもこのコンセプトの流れが主流でロッドを開発・製造するものだから、どのロッドもトップガイドを含め、他のガイドが小さい。「小さい=感度が良い」というセオリーである。

 しかし、私はまず小さいガイドのバスロッドが好きではない。

 だから、小さいガイドが使いづらく、とても違和感がある。まったく納得できない。当然、メーカーの開発者はそれぞれプロの監修を受け、何匹も何匹もブラックバスを釣って結論を出しているはずだから、私程度の素人アングラーが「小さいガイドは使いづらい」と感じても、世の中的には「あなたのテクニックが狭く、経験値が少ないから、感度の良さを感じることができないでしょう。」となる。それは頭では理解しているが、好きではない(嫌い)のである。

 この違和感を自分なりに分析していくと、ナイロンラインよりフロロラインの方が圧倒的に感度は高い。それは実感しているし、もうナイロンラインはこの15年ほど使っていない。これは納得。そうこうしているうちにロッドのガイドが小さくなり、あまり、ロッドを買い足す習慣がない私はショップに行ってもロッドを物色するケースが少ない。しかし、新しいフィールドで新しい釣りのパターンを得ると、当然、新しいルアーや新しいタックルが必要になる。そのタイミングでしかタックルを追加しないのも、研究心や貪欲さが低いということになるのだが、基本、あまり無駄遣いをしくない。タックルをたくさん集めてコレクションして楽しいという人ではないので、新しいタックルを購入するサイクルが非常に、一般と比較して長いのである。

 すると、ロッドの感度についてひとつの疑問が生まれる。バスのバイトを感じるためにメーカーは試行錯誤していると言うが、相手はあのブラックバスである。一年を通して釣りをしていると、確かに小さいバイトに気づかず釣果を逃しているケースはあるだろう。しかし、相手はあの猛禽類のようなブラックバスである。例え10センチのサイズでも「ブルブル」っと小刻みのバイトがあるし、ビックサイズのタフなコンディションであれ、ラインのテンションをしっかり張ってさえおけば、小さいバイトでもスローな反応でも感じ取ることができる。さらに、風や雨以外のケースならば、ラインのテンションとラインが水面から出ているあたりを注視していれば、ラインの動きでバスのバイトは判断できる。このことと、相反して、スピニングで5時間程度ルアーをキャストし続けるとラインがよれてくる。これはスピニングリールの構造上仕方ないのだが、新しく巻き替え大会に望んでも、後半はラインがよれ、キャストの精度が低下する上、ゆるめた状態で巻き上げていると糸ヨレがお祭り騒ぎになる。ヨレたラインが途中で絡まりガイドにつまるのである。この状態がけっこう頻繁に発生するので、ガイドが小さいとこの糸ヨレ問題に対してお手上げなのである。このケースではスプールを交換しています。

 ならば、細いラインを使う。ベイトタックルに持ちかえるなどで解決するではないかという一般論だが、私はキャストしルアーが着水した直後の水中のフォールが、バスを誘発させるのに最も重要だと捉えているので、着水直後にラインにテンションを一切つくりたくない。ベイトリールでもテクニックのある人はラインを少し送りフリーフォールさせているが、それでも物理的に着水時の一瞬、ラインにテンションがかかり、ルアーは自然な、そもそもルアーの持っているポテンションを発揮しない姿勢になり、水中からルアーを見た場合、不自然な動きをしているはずなのである。この違和感はキャストし着水した後、ラインが極力フリーになるスピニングが最適なのである。

 さらに、相手は水中の魚である。人間様が理論理屈で考えているような反応をするはずがない。常にどんな状況でも「バッファ」が必要なのである。「余裕」「緩急」「ふところ」「遊び」の部分である。ルアーのアクションひとつにしても、アクションの大きなアピール系のルアーを私はあまり好まず、できるだけ自然界の生物の動きや存在感を演出することにこだわっている。それを人工物であるルアーというツールを使って、ブラックバスを騙し、フックを口にかけるのがバスフィッシングなので、リアクション系やバスの攻撃性は優先しないのである。何故か?ルアーに反応する確率が低いからである。

 これらの理由で、ガイドの比較的大きめのワンピーススピニングロッドを探しているのですが、これが、なかなか発見できない。どこかの中古ショップかリサイクルショップの片隅を物色するしか方法がないのである。この「セオリー」への違和感が釣果につながることを信じて。

 この違和感を生む好奇心の部分は自分自身の本質の部分ですが、当然、バス釣り以外、デザインの仕事にも作用していることでしょう。それを顕在化し意識するためにも、そして、この好奇心ゆえの違和感が成果を生むためにも、「大き目のガイドのスピニングロッド」を探すことがとても重要なのです。とても、限りなく個人的で自分勝手な「釣バカ論」でした。