新説・明治維新。

 「新説・明治維新」という書籍がある。以前、日経新聞にも書籍の広告があり、少し気になっている。具体的に書かれている内容がではない、何故、このタイミングでこのタイプが浮上してきたのか?という疑問である。まかりとおっていた事実・常識が何かの理由でほころび、明治維新の真実が封印から解けたのか?いや、新しい何かこの時代にマッチした狙い・意図が具体化・具現化したのか?好奇心の振動が止まらない。恐らく、書籍の内容を確認したところで、現在知られている内容の軸は同じだろう。ただ、光の当て方を誰かが意図的に変えているか、完全なるフィクションか?という推測である。

 仮に歴史を紐解くほとんどの史実がほぼ誰かの脚色だったにせよ、私達がそれを確認する術はない。術がないことが大前提なら何をどう歴史だと脚色し、言い切ってもいい、良かったはずだ。

 何故、今、「新説・明治維新」なのか?とても気になります。