少年。

works_160826.jpg

 やはり、物語をつくる場合、「少年ありき」なのだ。

 50歳を過ぎると自分の理屈が強すぎて、それを個性だと勘違いし、振りほどくのがとても難しい。

 いろいろな理屈を削ぎ落としていくと、そこには必ず「少年」がいるのだと最近考えています。