強い漫画。

minare_koda_gazo0001.jpg

 「イチローさんは凄すぎて腹が立つ」的なCMがあるが、正に。沙村さんの作品は「強すぎて腹が立つ」。ここまで物語が絵がキャラが展開が強いと受け手(読み手)はその味や質感を噛み締めるスキがない。ただ、作品の中に引きずり込まれ感覚を奪われてしまいます。分析もできなきゃ、評価さえできない絶対感覚ごと根こそぎ持っていかれる感覚です。

 「これ漫画ですよね?」と思わず言葉に出てしまうほどだ。