ワクワクドキドキ。

 夏バテなのかここ3日間ほど体調が悪かった。9月中盤で少し涼しくなったかと思っていたら、日替わりで暑くなったり、体調管理が難しい季節の変わり目でした。涼しくなったから夜、気まぐれに走り始めたら右足(股関節)の調子が悪くなり、気圧の変化も激しく雨もけっこう降ったので、その影響で偏頭痛も日替わりだった。毎日の運動もセーブしつつ、なんとか9月を乗り越えました。ライブも行ったしゴルフも行った。新しいパソコンも買ったし仕事も忙しくさせていただけた。そんな9月でした。

 今日から10月。2016年もあと3ヶ月。すでにクリスマスケーキ販売促進関連の仕事も終えている。年末のことも意識し始めてしまいます。

 そんな中、ワクワクドキドキできることも貪欲に探求し、思考と行動を繰り返しているのですが、必ずしも世の中の「ワクワクドキドキ」と、自分自身の「ワクワクドキドキ」が連動・連鎖しない私は、良い意味で自己中心的にワクワクドキドキできることを物色しています。このマイペースさ、習慣(偏屈な)、ルーティーン(独自の)は改めて考えてみると若い頃からほぼ同じで、この9月を振り返っても、3年前を振り返っても、30年前を振り返っても(可能な限り)、同じです。

 今、一番のワクワクドキドキは、今更ではありますが、10月中に入手しようと予定している「スマホ」です。機種はエクスペリア(アンドロイド)かなと思っていますが、今更も今更、ガラケーが製造中止のタイミングでスマホに変えるわけですから、マラソン大会で言えば最後尾スタート。スマホの活用術で先頭集団に食い込む気持ちがないからなどと、いじけたスタート。もう、スマホの機能面は相当安定しているし、世の中的にはほぼ浸透し尽くしている状態での、つまり、スタートの号砲が響き、皆様がスタートをしてから、さぁ、そろそろスタートしようかな?あれ?もう誰もスタートラインにはいないぞ!という状況です。スマホユーザーとして最後尾からスタートした私が、あの端末とどう仲良くなるのか?まるで合コンのようなお見合いのような気持ち、そんなワクワクドキドキなのです。

 さて、10月も仕事を頑張ろう。お見合い相手、器量が良く相性が良いことを願っています。