ライアン・レイノルズ。

deadpool_gazo_0001.jpg

 昨晩、映画「デットプール」を観た。ひさびさに連続して2回観た。しっかりキャラを創り込んだ上で、テンポも設定も展開も良かった。ああ、こう来るのかと。アメリカの映画づくりの根底に流れている魅力を体感できた最高の作品だった。

 このノリ、X-menともアイアンマンともスパイダーマンとも違う、新しいノリである。今夜も恐らく観るだろう。ライアン・レイノルズ、ほぼ最高である。モラル的に倫理的にちょっとづつ違和感があるが、それがまたマイナスになっていない、そこがほぼ最高なのである。