生態系。

 「生態系」という言葉を人間はつくり出し、自分たちの都合で弄んでいる。

 そもそも「生態系」を人間は操作できないのに。

 昨日、ひさびさにテレビに「ブラックバス」が登場した。さすが、読売テレビである。

 しかし、その捉え方は「フィッシュイーター」として生態系を狂わせている元凶だという解釈である。まぁ、ブラックボックスをスルーしているテレビ局よりも意欲的だと捉え、その結論は飲み込んだが、そもそも、「ブラックバスvs人間」の抗争はどこからいつから始まったのだろう?

 「生態系」を人間が認知・理解・解釈しようとする際に生まれる不協和音が実はあらゆる違和感の元凶だとしたら、人間はどこか他の惑星に移住するべきなんだろう。荒唐無稽な考え方だが、自然の驚異の前になす術を失い、無力化されるごとにその無力さ加減を嫌悪しているゆえに、人間の思考能力では絶対に正解は出せないのだろう。しかし、近い未来、AIが自己を持ったらどうなるのだろう?

 そんなことを考えながらブラックバス釣りの大会に参加している私も生態系のワンピースなのだ。