鉄鉱石。

stone_17020501.jpg

 以前、新宿で買った鉄鉱石の原石。採掘現場でこれを初めて発見した人はさぞかし驚いたことだろう。いきなり地中にこんなに美しいキューブを発見したのだから。自然の力、人知を超えた未知の領域です。金もダイヤもプラチナも原油もすべて人間が価値を感じる物質には、不動・普遍の存在感と科学的な根拠があるのですね。

 仕事場のいつも見える場所に置いていますが、誠に美しいです。

 本来、創造的な仕事はこのゾーン・領域を目指すルート上にあると思います。

 若い頃、デザイン会社の上司に「とにかく美しいデザインをたくさん見ること」とアドバイスを頂いた。その頃は、デザイン年鑑やアワード関連の優秀作品ばかりを物色し、「美しい」と感じていたが、それらの背景には、自然が生み出す形状やフォルムや仕組みがあったのです。若い頃は表面的な美しさのみに心を奪われ、その真意や真価まで見通す眼力がなかったようです。とは言え、それが見えた感覚があったとしても、そのテイストや存在感をバリューとしてデザインの仕事にどう結びつけるのかとなれば、さらに暗雲が漂うのですが、とにかく、前に進むしか方法はないのです。