ゴジラの正解。

shin_gozira.jpg

 想像上の生物だから正解はないのですが、このゴジラは好きではない。

 身体の赤い部分が嫌い。皮膚のゴツゴツのパターンが嫌い。手の角度が生物的にありえないので嫌い。首が細くて嫌い。背びれの形状がいかにも作りました!的なので嫌い。頭のサイズや目の造りもアンバランスで嫌い。動きもどうせ人が動かしている感満載だろうから嫌い。

 正解のない創造物だけに、個人的な好みで真価を判断してはいけないが、このゴジラは歴代のゴジラ、そして、ハリウッド版のゴジラと比較しても、完成度が低いように感じた。

 子どもの頃、尻尾を抱えて飛ぶゴジラ、ヘドラの目玉をつかみ出し、両手が骨になって佇むゴジラ、キングギドラに放射能を浴びせるゴジラ。そんなゴジラ世代だけに、このゴジラは好きになれない。

 ハリウッド版のゴジラが背びれを海面から出しながら泳いでいるシーンのドキドキする感じ、恐らく、映画「シンゴジラ」にはないのだろう。映画を観ていなから分かりませんが、このゴジラが画面に登場した瞬間に気持ちが沈むだろうから映画は観ないでしょう。それに、ゴジラが安易に軽率にCMのキャラみたいな扱いになも、とても寂しいです。