定説を覆す。

 昨晩テレビを観ていたら、「恐竜の定説が覆る!」というタイトルを耳にした。なになに、恐竜の定説が覆す!?と、大好きな恐竜ネタだったので、いかなものかと迂闊にも気持ちを持っていかれました。結果、「なんでやねん!」となってしまうのですが。

 その仮説とは「トリケラトプスは草食で、ライバルのティラノザイウルスは肉食とされていた定説が間違いで、双方とも雑食だった!」と、わざわざCGをふんだんに使ってその仮説を説明していた。

 テレビだから言いたい放題だが、「定説が覆る!」「恐竜は雑食だった」「永遠のライバルだった」「太古のロマンが崩れる」、最後の最後に、「もしかすると、ティラノザイウルスはにニャーと鳴いていたかもしれないですね。」というコメントでそのテーマを締め括った。

 へぇ~、テレビの番組づくりも深夜枠となれば、こんなポンコツな感じになるのかと、ひとり部屋で「なんでやねん!」とつぶやいてしまった。

 「定説を覆す」って聞こえたものから、私は新しい化石や分析結果が確認され、進化のプロセスや繁殖地域について新しい事実が証明されたのかとか、世界のどこかの地域で、繁殖形態や亜種の新事実が発見されたのかとか、氷河期や隕石説意外の絶滅理由が発見されたのかなどと勝手に想像を膨らませたが、まったくの「膨らませ損」だった。骨格や筋肉の構造、食生活などの痕跡から、鳥類に近く、ティラノザイウルスもその後期には羽毛が生えていたとか、生殖についても、様々な仮説があるので、その辺に対する新たな定説の発見を想像したが、「ニャー」で強引に締め括った。

 あの女性アナウンサーの顔はしばらく頭に残るだろう。