スキルマッチング。

 「スキルマッチング」という言葉がある。

 個人の経験値や能力や知識と仕事の相性を整えて、より良い仕事を紹介する企業が多用する言葉だ。仕事を探す立場では自分のスキル(経験値や能力や知識など)も合わせた個性・人間性の部分と相関させて職場を探すのだろうし、雇い主側の立場なら、今必要な人材をスキルと相関させて、社会性や人間性も確認した上で採用・不採用を決めるような状況である。

 これらマッチングの分析は統計データや然るべき科学的な根拠を元に相性を決めているのだろうが、婚活・就活でも投資でも起業プランにしても、このスキルマッチングの法則が適用できて、人と仕事の関係には常識的なセオリーや法則があり、傾向と対策についての膨大なデータの中から人も企業も「選択する」という意思決定をしなければならない。

 さて、人も企業も何かビジネスプランや職場探しを「選択する」という捉え方で良いのだろうか?統計上の確率、傾向や根拠となるデータの中から意図する最適なルートを選択するというのが仕事に就き生計を立てる、人生設計に勤しむための適正な捉え方ではないような気がする。未来は誰にも予測できない。シリコンバレーのエンジニアやシンガポールの投資家達でさえ、未来は予測不可能である。だから、「選択する」という捉え方よりも、どちらかと言えば、「開拓する」「挑戦する」「探求する」「追求する」「引き寄せる」あたりのニュアンスが現実的だと思う。
 
 この「選択する」と「開拓する」というニュアンスの違い、いずれも意思決定を行うという思考タイプで似てはいるが、捉え方として語感として、前者は「安全ルート」、後者は「危険ルート」のニュアンスがあり、大海原に憧れの海賊を目指し船出した少年のような決断はこの現代ではしにくい。だから、選択肢は多い方がより良いと誰もが考えるから、とにかく情報が増える社会構造になったのだろう。より多くの選択肢から自分の考えにマッチした居場所を選択するのか、主体的にパイオニアスピリッツで自分のルートを進むのかで捉え方が、もしくは、見える景色が変化するような気がする。言い方を変え、少し俯瞰で捉えると、「選ばれたのか?選んだのか?」という言い方になるが、スキルを公正公平に評価する指標はありそうで存在していないし、もしかすると、「選んだ」と捉え意識していることが、「選ばれた」になる場合の方が圧倒的に多いのかもしれない。相対的か絶対的か?と理論理屈で言葉遊びをする前にある、感覚で捉える部分を強く意識したい。感覚は一人ひとつだけの機能だから嘘のつきようがないし。