ほろ苦い。

 先日の全英オープン、松山英樹プロは日本人初のメジャー制覇に挑まれた。

 3日目を終えて首位スピースとは7打差の3位。最終組から3つ前でスタートされた。恐らく日本のゴルフファン、松山英樹ファンは初日のようなバーディースタートを心から願っていた。勿論、私もである。しかし、無情にもティーショットは右の柵を超えOB。そして、1ホール目はトリプルボギースタートなった。そして、最終日の結果は14位。

 翌日、新聞で松山英樹プロの結果に「ほろ苦い結果」という表現を使っていた。

 いやいや、世界ランク2位で望んだ全英オープン。スピースの一人旅の中、3日目も惜しいパットを何回も続けながら3位に順位を引き上げ、私達に「もしや?」どころではない、「メジャー制覇」という夢を観せてくれ、大きな期待を最終日まで維持させてくれた松山英樹プロ。その実力や戦歴についてはもやはや誰も何も語れるレベル(戦いっぷり)ではないのである。青木さんや丸山茂樹プロでさえ。言わば、「初めて人間が月面に立つ」クラスの期待を抱かせてくれれている松山プロが、苦しくも痛恨のトリプルボギーがあり14位に終わったとは言え、どんなライターさんか知らないが「ほろ苦い」はないだろう。そんな軽率な表現はないだろう。長い日本のゴルフの歴史に金字塔を建てようかというプレイヤーに対して、もう少し敬意を表して言葉を選んでほしい。新聞のライター・編集長・校閲の人達に松山プロの心情など想像も推測も憶測でさえ分かるはずがないのだから、もっと、別の言葉で松山プロの4日間の戦いを讃えてもらいたかった。

 という新聞のほろ苦い記事だった。