騎士団長殺し

 「騎士団長殺し」を昨晩、読み終えた。

 個人的に曖昧だが明確なある理由があり「1Q84」はスルーしている。だから、「ノルウェイの森」以来となる村上春樹作品である。書籍を購入したわけではなく、ある方からお借りして読んだ。ある方から「主人公がスギノさんにどことなく…」という、なんとも意味深な言葉を頂き、触発・刺激され、村上作品に意を決しダイブした。しかし、私自身は村上春樹さんの作品がとても苦手なジャンルで、読んでいる状態では誠実な気持ちなのだが、読後感がなんともよろしくない。いろいろなこの書籍に対する評価や批評を読むと、「読み手次第」という評価が多い。元より書籍というは著者・作者の意図よりも読み手のイマジネーションで価値が決まるとも言えなくないので、その評価はある意味では正しい。恐らく、主人公が画家でなければ、そして、誰かから勧められなければ、村上春樹さんの作品を読むことはないので、新鮮な気持ちで読んだ。

 さて、やはり、読後感はよろしくあらない。

 しばらく、この感覚を整理してみようと思っています。