映画「レッドスパロー」

redsparrow_img.jpg

 多くの女優さんが諜報員を演じてきたが、さて、J.ローレンスさんはどんな印象なのだろう?そもそも一般的な感覚で「諜報員」って実体が分からない。そんなヒト達が実際に存在していて、暗躍しているんだろうなぁ~程度の認識。だから、映画の主人公としてマッチするのだろう。世界のどこかで本物の諜報員がこの映画を観たら、どんな感想を持つんだろう?実際はとことん地味で忍耐力が必要で特殊な能力やメンタルの強さが求められる仕事なんだろう。この程度の想像しかできないが、それでも映画を観ているわずかな間だけでも心が躍るのは、ヒトはどこかでこの仕事に憧れつつも実際は深く関係したくないという葛藤が起爆剤となり、ワクワクさせられてしまう、という仕掛け・仕組みなんだろう。創造物の中にあるわずかな真実を見極めようとさせるテクニックこそがこのタイプの映画の最高のハニートラップなのだ。楽しみである。