MIDIキーボード

works_180508.jpg

 僕のDTMライフは非常にミニマムなモノだった。鍵盤のスキルというか、経験がないので、キーボードはハードルが高いと諦めていた。パソコンのキーで音階メロディーを入力する、もしくはソフトの鍵盤をマウスでクリックするなどで代用していた。しかし、最近それでは足りなくなったのだ。いくらパソコンの画面でタッチやピッチを調整しても実際の演奏のタッチを再現することが難しいと判断した。これも鍵盤の演奏スキルが圧倒的に足りないからなのだが、それでもなんとか自分のイメージしているメロディーを音源データに変換したいと考えた。小さなステップアップかもしれないが、鍵盤を用意できれば使わなければならないし、使っていれば少しずつスキルも上がるのではと期待している。以前、DTMの装備(周辺機器やソフトウエア)について専門店の方から助言を頂いた際、「実際、MIDIキーボードがあると便利ですよ」というアドバイスを素直に聞いておくべきだったのだ。素人の癖にプロのアドバイスを軽視した結果、当然のように壁にぶつかったというわけ。明日、このキーボードが到着するので、これまでの壁をひとつずつ破っていきたい。