Web分離とは?

 Web分離(インターネット分離)とは脆弱性に対するセキュリティ対策から、実行環境の分離への取り組みらしい。

 従来のWebコンテンツの脆弱性に対するセキュリティ対策では“すり抜け”や”誤検知”の発生が後を絶たないので、この状況を打開する次の一手としてWebコンテンツの実行環境を分離することで、脆弱性を利用した攻撃のリスクを抑止する「Web分離(インターネット分離)」が今、注目されているそうです。

 確かに、それしか手立てはないでしょうね。そもそもどこまで依存するかという配分と、アナログ情報をデジタル情報に変換するのかという、さじ加減が今後の課題だということでしょう。利点が確実に存在するだけにどの部分をどの程度抑制(分離)するか悩ましいところでしょうが、「重要な情報は紙で残せ!」という言葉があるほどですから、ここら辺がどうもデジタル技術の天井なのかもしれません。