目には目を。

AdobeStock_45944545_act.jpg

 情報の83%は目から。見ていますよ、見えていますよ、見られていますよってメッセージは強く心に響くアプローチのひとつ。実は正しく「見る」ことが一番簡単で難しい。見えているヒトなら共感していただけるゾーンだと僕は考えています。ま、ということは見えていないのかもしれませんが。「There we because I think we.」ですね。