映画「プレデターズ」

 昨晩、テレビで映画「プレデターズ」を観た。これはシュワちゃんの第1作目、ダニー・グロヴァーの第2作目からの第3作目となる。第3作目ともなるとプレデターはもう未知の生物ではなく「ありき」となるので、僕達は彼らの特長や人格をある程度理解している。攻撃パターンや種族しての特質なども創造物だとは言え人権が存在し始める。第1作目ではただの凶暴な地球外生命体であり、第2作目では少しずつ狙いとか意図を理解しながら主人公に対して「頑張れ!」と応援するのが刺激的になる。だから、第3作目はガラリと設定が変わり登場人物達も選りすぐりの面々が揃うパターンになる。その状況でプレデターが何を考えてどうなるのか?という部分が醍醐味であり真骨頂であり本丸なのだ。さて、結果はいろいろあって凶悪強靭なプレデターが倒されるのだが、その登場人物達の中に日本のやくざというタイプの男性がいた。地球上ではツワモノとされるタイプの人間の中にである。ひとりグレイのスーツを着て丸坊主。他の面子は高性能のライフルや強力なマシンガンを携帯しているのにそのやくざは拳銃一丁。それでかのプレデターに立ち向かう姿にとても共感してしまった。この監督はやくざを日本の侍と重ね合わせているかのごとく。一人ひとり強靭なツワモノ達がプレデターの赤いレーザー光線や青色に光るロケットランチャーのような武器に殺されていく中、このやくざは恐怖ひとつ顔に浮かべない。そして、彼は古い宇宙船の中で日本刀を発見する。SF映画で登場する日本刀の存在はなんとも異様であり異彩を放っているように僕は感じる。やくざがその日本刀を握るとなんだか無償に心が動く。高性能ライフルや巨大なマシンガンやサバイバルナイフではこうも心が震えないのに。

 そして、夜の草原で仲間達を先にやりそのやくざは追ってきたプレデターと一対一で対峙する。プレデターもレーザー光線や光のロケットランチャーで一撃すればいいのに、右手に仕込まれた刃をシャキン!と抜き出して日本刀を構えるやくざと対峙する。結果、プレデターとやくざは相打ちとなり共に草原で息絶える。圧倒的な力の格差がありながら、あえて得意の武器を封印してプレデターは何故、日本刀を持つやくざと真っ向から勝負をしたのか?

 僕はプレデターでもやくざでもないのでその真意の程は分からないが、自分の武器を信じて一対一で相手に挑む時って、人間も宇宙人も「そういう気持ち」になるのだろうかと、とても新鮮な感銘を受けた。江戸時代まではそんな日本人が多く実在していたのだろうし、そのDNAはこの現代、どのように我々に作用していのだろう?散切り頭を叩いて文明開化の音を聴いた人達はこの精神を悪しき文化と放棄したが、間違いなくその精神はどこか身体の中に残っているはずだ。「和の文化」と言えば、格式高い荘厳で厳粛なプロトコルばかりが持て囃されるが、僕はむしろ「和の文化」とは一本の日本刀のような個の精神をどこまでも研磨し研ぎ澄ました先にある「切れ味」に似ているような気がする。人命を殺める道具が文化の革新を遅延させるロジックはよく分かるものの、同時に大切な強さや深さも遅延・鈍化・萎縮させていたとしたらとても残念だ。