インスタバエ。

 ここ数年、僕はSNSに対して消極的になりましまた。いいねやコメントも期待していないのでとても活気ががないSNSです。僕はネットの利点は単純に検索だと捉えています。

 googleやYahooの検索エンジンを活用する目的は「正しい情報」を獲得することです。Twitterは最新情報、Instagramは直感的映像情報を獲得する目的のみに閲覧しています。

 しかし、最近、googleを使わない若者が増えているという傾向があるそうです。理由はSEO対策された文章は読みたくない、妙に最小公約数で守り気味の作り込まれたページを読むためにネットをやってるわけではないという意識があるように思います。

 「よりリアルな情報を」というのがこれから求められるテーマであるなら、文字よりも音声や映像の方が伝わるでしょう。「実名」「顔写真」「個人情報」なんか絶対に公開しないという条件では「正しい情報なのか?」「リアルな情報なのか?」なのか判断つきません。

 今後のSNSがどこに向かうのか分かりませんが、今、SNSが抱えている様々な問題を考えるとなんとなく正解は少しだけ見えてくるような気もします。

 いじめ、誹謗中傷、真実ではない情報、ストレス、これらの問題をSNS(ネット)ユーザーはどのように捉えるのか?本質的なビジネスモデルにどのように活用するのか?をしっかり吟味すれば、どんな情報が求められどんな情報を発信するべきかは自分自身で責任を持って決めるべき。そんなネットリテラシー(スキルやテクニックや姿勢)が求められているような気がします。

 イマドキ、「インスタ映え」ってネコも杓子もですが、なんかウン○に集まる「インスタバエ」みたいなニュアンスなので僕は少し間合いを置きたい感覚ですね。