デザインツール。

「デザイン業界の流れは速く、絶えず新しいツールが誕生しています。そのため、デザイナーとして最先端を走り続けるには、世の中の動向につねに注意する必要があります。そこで今回は2018年現在、チェックしておきたいデザインツールを厳選してまとめました。これらのツールにはデスクトップのプログラムもありますし、SaaSのアプリやブラウザツールもあります。いずれにせよ、このリストにはみなさんがチェックしたいと思うものが必ずあるはずです。詰まるところ、素晴らしいデジタルコンテンツを作ることにおいて、あなたのデザインスキルはさまざまな手段の一部に過ぎないのです。」と、この類の記事(アドバイス)はよくネットの、特に海外のデジタルツールを紹介しているページによくあるロジックである。確かに、その通りなのだが、「デジタルコンテンツ」と「あなたのデザインスキル」の関係性・相関性に対して「手段の一部」という結論は少し乱暴な印象を受ける。恐らく海外のクリエイターの言葉を誰かが翻訳している文章だからこのニュアンスが抜けないのだろうが、実際、海外のクリエイターの皆様もこの記事を読んで、精力的に新しいデザインツールを習得して優れたデザインコンテンツを制作しておられるのだろうと推測するが、そもそも「デザインスキル」とは何か?いや、そもそも「デザイン」とは何か?あたりから正確にツールの分析をしなければ、何が「素晴らしい」かについて混沌としていまいそうな気がしています。ツールを活用するうえでの「意図」や「狙い」である。

 「デザイン」という言葉はとても便利な言葉で日本語なら「意匠」や「設計」となるのですが、「デザイン」にはそれらの意味を包括する大きな入れ物のような印象がある。つまり、「デザイン」とは確固たる定理や原理ではなく、それ自体が価値を生み出す存在ではない。媒体のような概念のような手順・プロセスのような解釈だ。だから、「デザインスキル」も同様に多義的に汎用性・普遍性が限りなく広く、個人の解釈の違いでいかようにでも変化する。しかし、話が「ツール」に言及されると思考の流れが逆転する。「スキル(テクニック)」と「ツール」の関係性は明確である。だから、最新のデジタルツールもたくさんの機能的な利点を実装しているであろうが、まずはそれをどのように活用するかという「デザイン」の捉え方をしっかり意識したうえでツールを選択し習得する方が、僕は飲みこみ易く、手に馴染みやすいと捉えている。

 ま、「目的と手段」の永遠の相関性です。