九十九剣児論。

 テレビドラマ「獣になれない私たち」はとても楽しく拝見しました。

 新垣結衣さん主演で松田龍平さんも出演ということもあり、また、脚本が野木亜紀子さんだったので、これは間違いないだろうと楽しみにしていて、結果、素敵な素敵な物語でした。特筆したいのは新垣結衣さんこと主役の深海晶さんの会社の社長「九十九剣児」。これは最高のサプライズでした。あのキャラはなかなかテレビドラマ向きではないし、ましてあの縦横無尽奇想天外自由奔放なパワハラキャラがここまで物語にマッチして、強引に成立させてしまう野木さんの手腕。驚くべき物語です。本来、現実にこのタイプの人間は、恐らくどこかに、間違いなく実在しているんですが、テレビドラマに登場させるにはちょっと難しい破天荒キャラ。しかし、どこか悲哀もありつつ独特の緊張感を生み出しながら、それでいて人間味があるという不思議で強烈な存在感でした。その物語も今夜が最終回。この素敵な物語を野木さんはどう終わらせるのか、とても楽しみです。当然、菊池凛子さん、黒木華さんは圧倒的で魅力的な存在感でした。

 さて、この九十九剣児という男、パワハラ全開のマイペース社長なのですが、社員すべてを敵に回して物語をひっぱっていく感じを社員目線で観ると「メンドクサイ」「強引過ぎる」「超自分勝手」「支配的」となるのですが、僕はどうしても社長目線になってしまいます。確かに一見無神経そうで我がまま言い放題の暴言もよくよく聞いてみるとロジックはしっかりしているし、むしろ正論のようにも聞こえてくる。というか、社長と社員のパワーバランスで言えば、社員の方が圧倒的に能力が劣っているように感じます。何もこのパワーバランスは九十九剣児の会社のお話ではなく、現代のいろいろな会社に適用できそうなロジックだと感じました。確かに無神経で関西弁タッチで捲くし立てるのは良くないが、ならば捲くし立てられる前にタスクを完了できないのか?という真理。深海晶さんは淡々と九十九剣児社長の無茶振りを処理していたが、あまりも他の社員の能力やモチベーションの低さに自分はこれでホントにいいのか?正しいのか?と疑問を持ってしまうわけです。確かに社長がいくら強引な理屈を吐いたとしても、それを社員がしっかり受け止めれば業務や経営の全体のベクトルは上がるはず。それを「パワハラ反対」だとか「働き方改革」とか便宜上響きの良い言葉で能力の低いレベルが会社の水準・基準になってしまうと、結果、それが成果に直結してしまう。そんな社会や企業のあり方について通念や常識は考慮しつつも独自性とか差別化を心から現実化したいのなら、九十九剣児社長の経営術は正論だと思うのです。今日が最終回、九十九剣児がテレビでもう観れないと思うと少し寂しいです。ま、別のステージでこの俳優さんはたぶん今後もハジケルことでしょうから、次の物語を楽しみにしたいと思っています。