LUTファイル適用。

works_190125.jpg

 年末からいろいろ試行錯誤していたことがやっと達成できました。それはLOG撮影した映像データにLUTファイルを適用することです。さらに、デフォルトのLUTを細かく微調整して映像のテイストをチューニングしていきます。そのためのミラーレスカメラ(GH5)であり、そのためのプレミアプロであり、そのためのスタビライザーというわけです。この手順、さらにいろいろな場面の撮影を繰り返しながら、欲しい映像のテイストを絞り込んでいきたいと思っています。まだまだ、スタビライザーを使いこなせていないので、ここからが本当の勝負です。どんな映像作品を制作する上でもこの基本テクニックと装備・機材がなければ、すべて「小手先」になってしまうのです。当然、感覚的な構図や場面の転換などカット編集技術、ドローンを活用した空撮、A.エフェクツを駆使したインパクトのある映像もパーツとしては必須ですし、物語を制作する以上、脚本・シナリオは重要。しかし、基本となる技術はこのLOG撮影からのLUTファイルの適用手順なのです。このテクニックをあますことなく伝授・教授いただいたある映像作家の方へのご恩を私は一生忘れません!ありがとうございました!