創作意欲。

 創作意欲ってエンジンのようにガソリンを入れて着火すれば必ず動くというモノではない。むしろ、創作意欲を打ち消したり、低下・鈍化させたり、何がなんでももみ消そうとする理屈に押し切られたりする状況や要因が多すぎて、一人ひとり丁寧に切り捨ててもゾンビのように僕の創作意欲に次から次へと襲い掛かってくる。ま、ゾンビなら「バサッ!」とか「スパッ!」っとか手ごたえがあるから、「どうじゃい!」などと実感としてあるが、このゴーストのような怨念のような気配は心の隙間に巧みに侵入してきます。ああ、ここもか!おお、ここにもか!みたいな風の谷にトルメキア軍が運んできた胞子のように入り込む。綺麗に焼却したいところだが、そんなキメ細かやかな神経もテクニックもないので、いつもどこかに胞子が残っているのでしょう。巨神兵かダイソンがあれば一掃できるのだが。つまり、「意欲」にはいつも「反意欲」がセットで双子のように生まれ(双子の皆様、ごめんなさい)、気がついたらカッコウの雛のように先に生まれて他の種の卵(本来の創作意欲)を巣から落とすのです。

 さて、では、創作意欲を素直に起動するためにはどうするのか?僕はかなりこの問題に真剣に長年取り組んできましたが、安易に捉えれば「すぐに動く」「迷わず直感で決断する」「とにかく行動する」という戦略でした。しかし、この戦略もこの年齢(54歳)になりますと、いくつか問題点があり、柔軟で自己治癒力の高い若い頃なら失敗やトラブルで受けた傷もすぐに完治するのですが、ま、年齢と共に治癒力が低下し、古傷が痛む、日常生活レベルの些細な動作がままならない、新しい技術の習得イメージが沸かないなどなど、これまた創作意欲を萎えさせることばかり。

 だ・か・ら、まずはリラックスすることにしています。「馬鹿の考え~」なんとかが一番良い状態をつくることができます。開き直っているわけではないのですが、「結局、できることしかできないのだから」という基本姿勢で「じゃ、まず、いろいろ悩まずにこの部分に集中しよう」と素直に取り組むようにしようと最近考えいます。「果報は寝て待て」ということ。

 そこで、2019年のテーマは基本に立ち返りシンプルに「たくさん絵を描こう!」という目標を設定しました。結局、これが一番僕のシンプルな創作意欲を行動に変える適正なルート(経路)じゃないかと感じたのです。唯一、絵を描いている時だけ「ゾンビ」も「ゴースト」も「胞子」も襲ってこないゾーンだからです。この習慣を程良く復活させて、創作意欲を大きな成果に変換するための好循環(習慣)を安定確保したいと思っています。