ラインシェイプとタイプライト

gamen_190218.jpg

 この画面(After effects)がラインシェイプとテキストレイヤーにタイプライトを適用した編集中の画面です。これはソフトの機能を確認するための手順として、いつもつくる試作品なのですが、マニュアルを読んでもユーチューバーさんのテクをいろいろ観ているだけでは分からないことが試作品をつくるとよく分かります。実際にソフトのバージョンや英語版の翻訳説明ムービーだったり、翻訳がない英語版で知った知識は、微妙に作業行程が実際と異なったり説明が少し足りなかったりします。でも、試作品を実際つくってみると「ああ、このことか!」という小さな発見が多いのです。この発見がないとオリジナル作品はつくれません。実際、A.E.の機能はとてつもなく多すぎるので、すべての機能を仕事に使うわけではないので、どこまでの機能を知っていたら自分がつくりたいオブジェクトに有効かを見極めなければなりません。この捉え方はイラストレーターでもフォトショップでも同じで、ソフトの機能が成果物の完成度を上げるわけではないので「広く浅く」よりも「狭く深く」そして、「リアリティー」が何よりも優先します。ここからは応用となりますので、いわばつくる作業プロセスの中で「楽しいゾーン」に入ります。実際、この段階まで来ると楽しいです。