狼の群れはなぜ真剣に遊ぶのか

 この本は14カ国で翻訳されたベストセラーである。

「オオカミの知恵
 それは、家族を愛し、託されたものたちの世話をすること。遊びをけっして忘れないこと。

 人類が狩猟採集の社会スキルを学んだ、高度な社会性を誇る野生オオカミ。
 彼らはどうやって群れのあり方を学び、世代をつなぐのか。
 野生オオカミ社会を数十年にわたって観察してきた
 ドイツを代表するウルフ・ウォッチャーが、
 現代のヒトの生活にも役立つオオカミの知恵を生き生きと描く。」
という説明文が添えられている。

 ずっとずっと私は「オオカミ」のことが気になっていた。それはひらめきのような感覚で具体性にはまったく欠ける、曖昧で漠然とした探究心。そんな感覚だった。同様に「カラス」や「蜘蛛」や「熊」のことも気になっている中で、特に「オオカミ」は大きな存在だった。機会があればもっとオオカミのことを深く知りたいと考えていた。そして、昨日、新聞広告で「狼の群れはなぜ真剣に遊ぶのか」という書籍があることを知る。築地書店様から発行されていることを知り、WEBサイトに本文から抜粋してある「はじめに」を読み、著者に対してとても強い共感を得た。

 →WEBページはこちらです。

 この発見の興奮が凪いだら購入したいと思っています。