山頂駅屋上にて。

works_190309.jpg

 ここは八幡山ロープウェー様の山頂駅屋上。支配人にハシゴをかけて頂き登らせていただきました。アンテナのワイヤやロープウェーの高圧ケーブル線などがあるので、屋上とは言えフラットな場所は限られています。慎重にドローンをテイクオフして撮影ポイントへ降下移動。モニターで何回も構図を確認してホバリング。ロープウェー搬器の昇降のタイミングを待ち、撮影という手順です。撮影付近には高い木があったり、高圧線が走っているので、ドローンのセンサー(5m以内障害物センサー)の反応を確認しながらホバリング位置を調整し、しかも、山頂は3~5mの風が吹き始めてきたので操縦はちょっと慎重に。撮影に集中していて足を踏み外したら、完璧にアウトな場所なのでちょっとドキドキでしたが、撮影は無事、成功でした。