アウトプット

 僕の仕事は「デザイン」なので、お客様の意図や狙いをアウトプットすることが目的です。「アウトプット」が苦手、何かしらの理由で難しい、メンドクサイと考えている人の代わりに「アウトプット」を代行することです。

 「アウトプット」が苦手な人にはいろいろな特長があり、「アウトプットが習慣化されていない」「考えすぎてしまう」「他人の考えを吸収できない」「他人の目を気にしすぎる」「インプットしていない」などが上げられるのですが、実は僕も同じ悩みがあります。つまり、長年、デザインの仕事に取り組んできたが、未だにこの苦手意識があるのです。しかし、それでは仕事が成立しませんし、成果を生み出すことはできませんから、なんとかしてこの苦手意識を克服し、曖昧で優柔不断なつくり手としての自分をコントロールしなければなりません。

 結局、「アウトプット不良」の正体とは「感情」なのです。日々変化する状況に感覚が翻弄されて、ひとつの場所に思考が固定できない、定まらないのです。これを解決して上手く作り手である自分に方向づけをして前進させなければなりません。まるでそれは乗馬の騎手と馬のような関係なのです。馬がイライラしていたら宥めて、機嫌を損なわぬように進みたい方向に誘うテクニックが必要なのです。

 そのテクニックとしていろいろ試行錯誤して挑戦を繰り返しています。それは「アウトプットする前提でインプットする」「自分の思考を紙に書き出す」「誰かとブレインストーミングする」「アウトプットを習慣化する」などです。つまり、まずは考えずに手を動かせ!ということ。ああだのこうだのとゴニョゴニョ考えてしまう自分自身を上手く前進させるための工夫が「アウトプット」なのです。と同時にデザインの仕事自体が「アウトプット」なので、一石二鳥というわけです。別に自分のことを仕事熱心でまじめな働き者だとは思っていませんが、「仕事している状態」が実は自分にとって良い状態なんです。これを「天職」と呼ぶのかもしれませんが、もし、「デザインの仕事」をしていなかったら、今でもゴニョゴニョと考え続け迷い続け自分を見失い、停滞、もしくは、後退し続けていたことでしょう。

 このブログもそういう捉え方で「アウトプット」のひとつなので、必然性と幸福が表裏一体となれる習慣のひとつでもあるのです。