マイクロスコープ動画。

gamen_19050102.jpg

 最近、テレビのCMや映画を観ていて気になっているのがこのような「マクロスコープ動画」です。それはミラーレスのマイクロレンズとはまた違った世界観があります。ただ、この動画も使い方や表現の軸を誤ると、エグさやグロさが際立ちます。長時間見せるにはやはり編集上の工夫が必要です。色処理とか。ま、実際、マイクロスコープを買ったとしても、自分の薄い頭の毛穴状況や爪の垢を撮影するわけではないので、サイコなキモい世界だけは踏み込まないように注意したいと思っています。

 しかし、「マイクロスコープカメラ」をリサーチしていて撮影した写真や動画のサンプル画像も一緒にリサーチしたのですが、「頭皮」「鼻毛」「水虫」「カビ」「虫歯」の連続。視覚が病みそうな画像の連続でした。なんでマイクロスコープを使ってそんなキモい世界を覗くのか?いや、覗くのは勝手。しかし、ブログやSNSにその写真や映像を公開して、公開したヒトはどのタイプの共感がほしいのだろう???

 この写真は検索してヒットした「懐中時計の内部映像」です。的確に時を刻む小さいマクロな歯車達。そう!僕はこんな映像を撮影したいのです。

 しかし、マイクロスコープが届いたらまず、ウチの2匹の亀(ホットちゃん&ポットちゃん)のドアップを撮影したいと思っています。思っていますが、美的にイケてなければこのブログにもYTチャンネルにも公開することはしません。ご心配なく。