自分の動画を観て。

 映像時代なんだから、おっさんなりに何か参加しようとユーチューブ用の動画を制作した。かなりいろいろ内容を考えて、機材を揃えて、スタジオを制作して、撮影して編集してY.T.のサーバにアップして公開。たったこれだけのことなのですが、なかなか大きなエネルギーを使いました。つまり、思いの他、気持ち的に疲労しました。ということは「やってみよう!」と決意してから、試行錯誤して1本アップロード達成できたのですが、全く期待していた映像になっていない。それなりのことをそれなりに言ってはいるが、ただのおっさんがぶつぶつ言っているだけ。これが現実なんですね。では、「ここからどうする?」という次の壁です。勿論、続けていくわけですが、続けていくにはこのクオリティーじゃ意味がないし、本来の狙いは達成できないでしょう。つまり、ここからが本当の勝負なんです。

 具体的にはまず「カメラ目線ではない」「イントネーションが悪い感じに走っている」「話している言葉のキレも内容も悪い」「表情が硬い」「説得力がない」「ノリが悪い」「リズムもテンポも悪い」、結果、「つまならない」。確かにカメラのスイッチを入れてから目の前の原稿を読むことだけに気持ちが奪われて、まず目が語っていないのです。「目」ってイコール「姿勢」だから、「姿勢(本心)」が語っていないのです。そんな映像ではメッセージがどうのこうのという問題以前のお話。

 まず、説得力のある動画になるように、「カメラ目線」「イントネーション」「滑舌」「ノリ」「テンポ」「表情」あたりに注意しながら、リラックスした映像を撮影してみようと思っています。頭でいくらイメージやメッセージが浮かんでいても、実際にそれを伝える術がなければ、浮かんでいないのと同じ。まずは、ステップ1をクリアできたので、次はここからステップ2への幅を伸ばしていきたいと思っています。しかし、立っている位置が変わると視野が変わり、見えている風景が変わるもんです。当然、自分の姿勢もよく見えてきます。今はそれを一番実感しています。