ついにメモリ32GBの世界へ!

 本日の午後から私のメインPCがついに未知の領域、メモリ「32GB」の世界に入りました!まだ、重い作業をしていなのでさほど実感はありませんが、数年前、16GBの世界に入った時のような感覚です。とにかく自分の作業ひとつ一つが加速する感覚で、その影響・作用で思考速度もストレスを感じていた微妙な部分の遅延が一切消え、思考と作業と画面の動きが同期(一致)するような感覚です。

 実際、メモリ速度の比較データをネットで確認すると、5分程度の4K映像を編集してレンダリングをする場合、16GBでは約4分30秒、32GBでは約3分10秒という比較データがありました。ま、CPUの構成がこの比較データとは違うので、私のCPUは少し古いですが8発実装されているので、このデータよりは少しだけ早めだろうとは思いますが、この1分20秒の違いについて、映像や3DCGアニメのレンダリングをされたことのない人は実感できないと思いますが、「1分20秒=80秒」の違いは異次元の世界へアップグレードするような時間短縮幅なんです。さらに、最終レンダリングの演算時間だけではなく、作業途中で映像と音声の同期のタイミングをwavの波形を見ながら調整する際にも、これまで(16GB)は再生が遅延したり停止したりすることがありました。でも、そのストレスからもこれで開放されることでしょう。フォトショップ程度の作業では16GBで充分だったのですが、やはり「映像編集」や「アニメーション」や「モーグラ」の作業は高いスペックが必要なんです。

 いよいよこれで「32GBの世界」にダイブできましたので編集作業の効率を上げつつ、良質な映像づくりに頑張ろうと思っています。