映画「アリータ」。

 映画「アリータ」のBLが昨日到着。早速、3回目の鑑賞。コミックスの初版からこの物語をとことんエンジョイしている僕にはコミックスやアニメーションからの一連の流れがあり、本城さんの世界観が素晴らしい映像で再現されているだけで痺れている。しかし、カミさんは原作のコミックスもアニメーションも観ていないし、ただの「キャメロンが創った日本人が原作のCG映画」なのだ。だから、公平に客観的にCGのクオリティーやキャラクターの魅力や物語のテンポとディテールについて評価している。ここにとても大きな格差を感じた。僕にしてみれば、もうこの映画はどこにでもある普通のCG映画ではなく、アリータ(ガリィ)に対しても底の底まで感情移入(シンクロ)してしまっているので是非を問うなど言語道断なのである。これがディープなファンの怖いゾーンで、もう、ニュートラルな視点・観点が完全に消失しているのだ。「違和感」さえ、ひとつの魅力なのだ。3回観たがまだまだ足りない。