映画「アド・アストラ」

mov_190923.jpg

 昨晩は映画「アド・アストラ」を観てきました。ここ最近、本当に本当に本格的なSFが無かったので、とてもとても満腹になりました。「ゼロ・グラビティ」「インターステラー」「オデッセイ」「メッセージ」クラスのSF映画は最近本当に少ない。確かにマーベルも単純に楽しくっていいんですが、楽しいだけ物足りません。ま、邦画にこのタッチは期待していないものの、なんでしょう、邦画ってなんで知的好奇心を刺激しない方向で製作されるのか?大きな深刻な問題です。これは予算とか技術の問題ではないような気がします。残念です。

 「アド・アストラ」についてはノーコメントです。公開されてまだ数日なので、ぜひ、映画館でご覧ください。ちょっとだけネタバラシですが、月面シーンは強烈で印象的でした。

 また、12月20日、「スターウォーズ」の第9話、完結編が公開されますし、「ターミネーター」もあるらしい。楽しみです。しかし、さらに期待したいのが「ドクター・スリープ」です。こちらは「シャイニング」からのスピンオフのような続編らしいのですが、原作はすでにキングが発表(2013年)していたようなのですが、知らなかった!早速、邦訳版(2015年)を購入しようと思っています。