薬指ぃぃぃぃぃぃ!

 どうしても作曲するためには鍵盤を習得する必要がある。取り組みはじめて1週間。簡単に挫折モードになってしまい、何回もレスポール(ギター)でやればいいじゃん!とくじけそうになっています。しかし、今回はどうしても鍵盤を習得する必要がある。それは、和音(コード)をしっかり理解しながら、「弾く」必要がどうしてもあるのです。

 そのための第一関門が、いわゆる「右手左手問題」です。自分ではそこそこ器用な人間だと思っているし、パソコンのキーボードならどの指も的確に動くのですが、鍵盤に10本の指を置いた瞬間に肘とか肩とか二の腕あがりがギュウゥゥゥっとなってしまいます。特にこれは自分の指なのかってぐらい「右手の薬指」が動かない。頭からちゃんと信号は行っているはずなのに、ピクピクっとなるだけ。お、おいっ!こんなに僕の右手の薬指はこんなポンコツだったのか!このイライラ、なんでしょう、初めての感覚です。

 例えばエレキのスケールの運指なら左手だけに集中できるから、何回でも徹底的に動かせばよく、むしろ、ギターの場合は右手のピッキングの方が難易度は高い。ちょっと変わったコードでも慣れれば押さえるだけなので大丈夫、演奏は成立する。しかし、右手のピッキングはニュアンスやフィーリングを出さなければならないし、ということでテクとしては難しい。

 それ以上に、鍵盤の上の右手の薬指が動かない。これは頭で考えている場合じゃなくって、とにかく、徹底的に「弾く」しかないのです。ま、絵でも文章でも話術でもなんでも「慣れろ!」が鉄則。ピアノの道を歩んでいる人は365日弾いているわけですから、デザインの仕事ばかりしている人間が、ピアノ(鍵盤)に挑戦するって無謀さを考えると、薬指が動かないぐらいの壁は仕方なし。ブラインドタッチに挑戦していた頃を思い出しています。