世界一のファンがいた。

worldcup_2019.jpg

心をこめて、相手チームの国歌を歌う人がいた。
満面の笑みで、各国のファンを迎えるボランティアがいた。
世界が称賛したおもてなしは、誰よりも日本代表の選手にパワーを送った。
44日間、ラグビーを楽しんでくれたすべての人に、ありがとう。
日本中にひろがる熱狂が物語っていた。
「にわか」も「オールドファン」もない、
楕円球のゆくえに心を奪われたら、誰もラグビーファンだと。
こまかいルールなんて、後回しでいい。
私たちは、世界一ラグビーを楽しむ国になろう。
この国の“ラグビーロス”は、ラグビーでしか癒せないから。
次は、トップリーグ、スーパーラグビーで盛り上がろう。
子どもたちが思いっきりプレーできる、芝生のグラウンドを増やそう。
そして、再び、日本でラグビーワールドカップを開催しよう。
ファンも選手もみんながONE TEAMになって、
ラグビーの楽しさをつないでいけば、
未来も驚くようなパスを、次の世代に渡せるはずだ。
~上記写真の新聞記事より抜粋~

 う~ん、痺れに痺れた44日間でした。

 いやいや、こちらが言いたいです。「日本代表チームありがとう!」と。