ユーチューバーになるには。

 ま、いわゆるユーチューバーになるためには何をすればいいか?何ができればなれるのか?について、只今、独学でリサーチしています。誰でもパソコンとカメラとネット環境だけあれば存在することはできるが、人気を集めるには苦労して努力して精進しなければならない。世の中には追い風が吹いている人もいるわけですが、全ての一般人に追い風が吹いているわけでは当然ない。ただ、世の中の高い注目度が安定している以上、取り組んでみるのも悪くない。なんと言っても楽しそうだから。何事も最初は興味本位でいいけれど、実際、本格的に取り組むとそれはそれでいろいろ知識や技術や経験値が成果を分ける。

 さて、毎日、仕事や趣味の対象について情報をYTからいろいろ獲得しているわけですが、魅力的でためになるチャンネルにはそれ相当の苦労が必要だ。何より仕組みや構造はツールが揃えば実現可能なのだけれど、ポイントはやはり本人のポテンシャル(姿勢や本質など)のようです。まず、YTに求めているのは実用的な情報ではあるが、人気のあるチャンネルを観ても実用とは無関係のアイディア先行や奇想天外で特異性優先のようなチャンネルも多い。でも、それが価値の実態なのである。ノリというかテンポとかフィーリングの問題なのだろうけれど、やはり、基本的な理屈は習得しておく必要がありそうです。

 で、身近な知人にユーチューバーを探すがそんな既得な人は今のところいない。皆さんにとってユーチューバーはテレビやネットで観てエンジョイする対象なだけで、自分で取り組んで映像を撮影・編集して配信しようという人は僕のまわりにはいない(今のところ)。恐らく、こんな時代だから意外な人がコツコツと動画で情報を発信しているのだろうけれど、まだ、そのような人とは出会えていない。苦労も多いだろうし、リスクも0じゃないのだから、やはり、本格的に取り組むためには、まずは必要な機材とネタを揃えることからはじめています。で、機材と撮影環境はそこそこ整ったのですが、あとはネタとべしゃりのテクです。ハゲのおっさんが何をすればチャンネル登録してもらえるかを結構真剣に考えているわけですが、いろいろなチャンネルを拝見していると、意外とハゲのおっさん率が高い。それもRAS(網様体)が作用しているのでしょうけれど、ああ、同じような人が頑張っているなぁ~と安心し励みになります。

 まだまだ、本科的にチャンネルを稼動させるには至っていなのですが、しっかりネタを仕込み、試行錯誤のレベルから少しずつステップアップしたいと思っています。それにはまずテーマを絞り込むことが大切で、「バス釣り」や「ゴルフ」や「登山」レベルではただの趣味だし、いきなり「イラレやフォトショップのテク」を整理するのも効率が悪い(あまり楽しくない)。でも、テーマは大切。だから、今、仕込んでいるのテーマ候補としては「作曲」「狩猟」「アニメーション」あたりです。このテーマに関連してやはり専用ソフトや機材やテクニックが発生するし、なんでこのテーマなのかという自分の物語もあるのでそのあたりをネタにしたいと思っています。とにかく最優先する条件は「楽しむ」ことなのです。