タングステン金属刃が到着。

works_191109.jpg

 只今、ドリル用のタングステン金属刃5タイプが到着。木工用のみであればスチール製で充分なのですが、こちらはタングステン素材です。例えば、金属や石の加工(粗削り出し)をする場合とか、壁面に看板を取り付ける際、壁の下地や構造上、鉄の芯が入っている場合があります。また、大理石などに硬質ドリル刃で穴を開けた場合、少しだけ穴のサイズを微調整したいケースで、やはり、直線的な穴を開けるドリルでは微調整が難しいケースがありました。その時は普通の細いヤスリで時間をかけて穴のサイズを微調整していましたが、何箇所も穴がある場合はとても効率が悪かったのです。で、何か良いツールやアイテムがないかなとリサーチしていて発見したのがこのドリル用金属刃です。で、普通のスチール製では耐久性が悪いというレビューを読んだので、タングステン製にしました。これなら少々硬質の木材でも楽勝でしょうし、とても頼もしいアイテムです。