Happy Birthday to Photoshop!

アドビからこんなメルマガが到着した。

2月19日、Photoshopは誕生から30周年を迎えました。
日本では「平成」の時代とほぼ重なるその歩みは、
多くのクリエイターのみなさんに支えられてきました。

30年前の今日、アドビはPhotoshopの「バージョン 1.0」を発売しました(※)。
1993年発行の「アドビ・フォトショップ日本語版A to Z」の著者で、
Photoshopの黎明期を知るグラフィックデザイナーの遠藤悦郎さんは、
1990年の春、あるイベントで初めてデモを目にしたときの衝撃を
今でもはっきり覚えているそうです。
(※)日本での発売開始は翌1991年4月

当時のフォトレタッチは、何億円もするような高価なシステムを使い、
専用のオペレーターに依頼しなければできない、時間もお金もかかる大変な作業でした。
それがMacでできる。これはとんでもないものが出てきたと思いました
(遠藤悦郎さん)

ここまで。

 確かに私も30年前に新宿でモノクロマックを使い始め、イラレの英語版に慣れてきた頃にフォトショップに出会いました。ただ、その段階の製版技術と比較するとDTP環境で製版まで、完全データを制作するには至らず、写真は従来のドラムスキャンでデータ化してフィルムに転写する方式。グラフィックデザイナーが製版作業まで仕上げられるようになったのはそれから数年後です。まだ平面スキャナも高価な時代でしたし、デジタル一眼カメラも無かった時代ですから、フォトショップの最初の印象は単なるレタッチソフトでした。ただ、その頃のレタッチソフトは専用の端末でソフトウエアも数千万でしたから、とても個人や小規模のデザイン会社が導入できるツールではありませんでした。まずは写植の代わりにMACでレイアウトデータを制作して、印画紙出力し版下を仕上げるというなんとも、今、考えると手順が逆行していましたが、文字(印画紙)を版下台紙に切って貼り込み、水平・垂直・並行に神経を使う仕事から解放されただけで喜んでいた時代です。フォトショップを本格的に製版に使うようになっても、写真や画像をデジタル化する周辺機器が結構高価でしたし、いざ、デジタル化してもパソコンのスペックが小さく、演算スピードが遅く、たったA4サイズのDTP作業をするのに数時間かかる時代でした。今でこそハイスペックなPCであればB1ポスターサイズの写真データのカラー調整やフィルターワークでも数秒で完了します。だから、PHOTOSHOPの30年の歴史はイコール、日本のDTPの歴史と完全にシンクロするということです。これからPHOTOSHOPがどんな進化するのか楽しみではありますが、個人的な意見としては現状でほぼ完成形だと捉えていますので、あまり、2.5次元や複雑なフィルターワーク機能は追加させずに、いい意味で「現状維持」を希望します。勿論、A.E.もこれからビデオ映像時代に向けてグイグイ進化していくでしょうけれど、P.S.はこのまま安定した機能を提供し続けて欲しいと願います。