エアブラシブース完成。

works_200321_01.jpg

 フレームを木枠で制作しています。

works_200321_02.jpg

 組み立てて、

works_200321_03.jpg

 ライトを付け、4面を養生用パネルで囲い「自作エアブラシブース」完成。

 これで垂木と養生パネル費用合計が約¥1,500です。手間はかかりましたが、この中にエアブラシ用換気扇をセットアップすれば、仕事場でエアブラシがいつでも自由に使えます。最初は塗装作業だけを想定していたのですが、立体作品を制作する手順はモデリング後、各種サーフェイス(下地用)を吹き付ける作業や着色後の保護用ニス(スプレー缶)を吹き付ける手順があることを知り、いちいち外に行って吹き付けているのでは作業効率が悪いのでこのブースを仕事場にセットアップしたという流れです。