アクリル絵具。

works_200327_02.jpg

 これが塗装着色用にリサーチしている画材です。イラスト用のカラーインク、ガッシュ、ポスカラ、パステル、透明水彩絵具をはじめ、アクリル系の絵具も国内のメーカーはいろいろ持っているのですが、このアクリル絵具ははじめて知りました。アメリカ製らしく耐水性で顔料系なので発色もよくメディアがしっかりしているので若干の盛りも可能。顔料系のアクリルは持っていたのですが、発色がイマイチでしたので、このアクリル絵具は一回使ってみようと思っています。エアブラシで着色する場合、確かにシンナー系は乾燥も速く、発色もいいのですが、エアブラシのノズルがつまります。絵具の硬化が思った以上に早い。だから、耐水性がいい。ただ、今回は立体作品への塗装なのでサーフェイス(下地材)との相性を確認しなければなりません。筆塗りならばこれがベストだろうと思っていますが、薄めに溶いてエアブラシで作品に吹き付ける場合、はじいたり、たれたりしないかが少し心配です。