モックアップ制作中。

works_200329.jpg

 手持ちのツールをいろいろ出してきました。今の段階で大物をつくる段階ではないので、まずは、いろいろな道具や部材・溶剤のテストと確認作業です。実際、構想している段階からつくる段階になると、想定外のプチトラブルが発生します。例えば、専門店でスタイロフォームを接着するならばどんな接着剤がベターなのかの確認。勿論、パッケージに書いてある説明を読んで、それでも不安なのでお店の方に質問します。部材も実物を持ち込んで確認してもらった上で。しかし、この部材ならこの接着剤がベストですねと助言を頂き、購入して接着してみたが、若干部材が溶けるし、いつまでたっても接着剤は乾燥しない。ねちょ~っと剥がれてきます。あのおっさん!いい加減な助言をしたな、となります。で、手持ちの接着剤を使ってみます。これはけっこういろいろな素材向きで購入した経緯があり、実際現場でも重宝した接着剤。一晩乾燥させてカチカチに接着硬化していました。結局、自分の経験値の方が適正なんです。と、こういうプチトラブルがいろいろあるので絶対に試作する必要があるのです。

 次は針金でフィギュア(立体作品)の芯をつくる作業です。で、すでに持っているニッパーやプライヤーをゴソゴソといろいろなところから出してきたら全部で7本ありました。ピンセットに限っては5本も出てきました。しかし、それらすべてがサイズ違いだったり、つまむ部分の形状がすべて違う奴です。すべての手持ちのツールを掌握しているわけではありませんが、なんとなく過去に購入したツールは記憶していて同等クラスのツールは買っていないわけです。たまに同じ接着剤やパテを購入しますが、これは消耗品なのでムダにはなりません。

 ま、そんなことを繰り返しながら試行錯誤していきたいと思っています。