テレワーク・リモートワークのススメ

 現代、働き方改革関連法案の適用範囲が広がりでテレワークやリモートワークの必要性が注目されています。クラウド系の様々なツール機能を活用することで、生産性向上やペーパーレスによるコスト削減効果を生み出す戦略です。具体的にテレワークやリモートワークをどのように実現できるかについてニーズが高まっています。

 特にグラフィックデザインやWEBデザインのクリエイティブワークフローにおける、デザイン制作業務の効率化は重要です。従来のマスメディアとインターネットメディアの広告手法の使い分けや制作途中のクライアントとのコミュニケーション方法も含めて今後、テレワークやリモートワークの重要性は高まり、より精査・整備されていくでしょう。

 社内外の制作メンバーとのプロジェクトや共同作業において、円滑な情報共有やコミュニケーションもポイントです。コラボレーション体勢をサポートしながら、生産性の高いワークフローを実現してくれるクラウド型のツールを使った制作環境が益々拡大・浸透していくでしょう。

 とは言え、人と人との円滑なコミュニケーションを疎かにして高い成果(生産性)は得られません。むしろ、対面営業や密度の高い会議ではないことで情報共有や互いの認知理解を妨げる状況が生まれやすくなりますので、良質なコミュニケーションを維持するための基本的な姿勢や様々な創意工夫が成果を分けるのだと思います。